美容と健康関連商品の通販大解剖最新の記事

インフルエンザ予防にウォーターサーバー

ここへ来て、インフルエンザが、かなり流行っているようです。先日、Yahooの防災速報で「インフルエンザの感染注意」という案内が入ってきましたが、確かに、いくつかの学校でも、学級閉鎖などをしているところもあるようです。

昔は、今と違って、インフルエンザが猛威を振って、命を落とした人もたくさん出たようです。

そんな中、江戸っ子たちの間では「お染風邪」としゃれで呼んでいたそうです。

その由来は、歌舞伎からとったものだそうで、豪商の娘、お染は、丁稚の久松と道ならぬ恋をし、心中をしたそうです。

そしてお染は、恋にかかりやすいから、お染風邪と呼び、「久松るす」と軒に貼り出す風習もあったそうです。

「久松はるすなので、お染風邪は、帰ってください」という意味だそうで、なんだか、命も落とすような状況の中で、そんなことをしていたなんて、すごい感動してしまいました。

いや感動なんてもんではありません、尊敬です。

そして、今は、そんな余裕のみじんも感じられませんがまあ、仕方ないかもしれませんね。

なんせ、この時期、受験期でただでさえ、受験生がいる家庭では、神経質になっているので、近所でインフルエンザやノロウイルスなんて耳にすると、ピリピリです。

というか、我が家にも高校受験を控えている娘がおりますので、外出の際は、マスクをして、帰宅したら、手洗いうがいは確実に行う、ということをして予防に励んでいます。

なので、おかげさまで子供達は元気ですが、実は、先日主人がインフルエンザにかかり、5日間会社を休んでいました。

その時の自分の気持ちの余裕のなさに、自分でも驚きました。

絶対に娘や他の子にうつしてはならないという、動物の本能的な気持ちが働き、主人を隔離しましたので、食事は、私がマスクをして運び、食べ終わった食器は、廊下に置いてもらい、主人の部屋に入った後は、手洗いとうがいをして、何か用事がある時は、携帯でやりとりをしてました。

それはもう、私の神経はずっとずっとピリピリとしていましたので、おかげさまで、非常にぐったりと疲れました。

「久松るす」なんて話しを知っていたら、もう少し余裕があったのかな?とも思います。

まあ、過ぎてみたら、その後誰にもうつることもなかったので、ホッとしていますが、受験はまだコレからでもあるので、引き続き、気分は、「久松るす」で、マスクと手洗いうがいをきちんとやって、とにかく元気に乗り切っていきたいと思います。

それとこの主人のインフルエンザで知ったことなのですが、部屋を乾燥させないこととのどを乾燥させないこともインフルエンザの予防に効果的なのだそうです。

こまめに水を飲んで常にのどの粘膜を潤しておくということでしょう。

たるみ解消美顔器をおすすめしましたが、しわやたるみはお肌の水分不足も一つの原因なので水分補給って大切ですね。

友人がウォーターサーバーを契約したのもこのインフルエンザの予防のためだそうです。

美容と健康関連商品の通販大解剖について

テレビ通販や雑誌にはたくさんの美容と健康関連商品があふれていますよね。「どれが自分にとってピッタリなのかわからない!」という方も多いでしょう。そんな方に美容と健行為関連商品を選ぶためのお役立ち情報をお届けします。